Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/sdsw/www/bizmanner/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
今すぐ使えるビジネスマナー

立居振舞い

第一印象は最初の数秒で決まるといわれていますが、 その印象の大半は、視覚から入ってくる情報によるものと言われいます。 それは、身だしなみや、姿勢・表情・動作といった立居振舞いがあげられます。 このページでは、立居振舞いについてご紹介します。


立居振舞いとは、相手に対する気持ちです

立居振舞いとは、立ったり座ったりする際の動作や身のこなしのことを指します。きちんとした立居振舞いで応対することは、お客様に対して敬意を表すとともに、相手に対し信頼感や安心感を与えます。

 

たとえば、仕事中に突然の来客があって、作業をしながら声だけで「いらっしゃいませ」というのは挨拶をしていないのと同じです。まず作業の手を止め、顔や体を相手に向けます。相手の顔を見ることで、話を聞く体制にあることを相手に表すことになり、「いらっしゃいませ」のことばが初めてきちんとした挨拶になるのです。そして、相手も「きちんと自分の話を受け止めてくれている」という印象をうけます。

受付

また、きちんとした立居振舞いは「お客様がいらっしゃったときだけやればいい」というものではありません。一緒に仕事をする同僚や上司との信頼関係を築く上でも大きな意味を持っています。

きれいなお辞儀や動作は、急にやろうと思っても自然にはできないものです。不意のお客様に対してもきちんとした対応ができるように、普段から意識的に行いましょう


美しい立居振舞い

 

立ち姿勢

美しい立ち方は立居振舞いの基本です。正しい立ち方ができないと、正しく歩いたり座ったりすることができません。 鏡を見て自分の立ち方を確認してみましょう。

  • 背筋を伸ばして胸を張り、体は相手の正面を向ける
  • 相手をしっかり見る (相手の目を見ることが基本ですが、慣れない方は口元や襟元のあたりを見る感じで)
  • 手は指先までまっすぐ伸ばす
    • 女性・・・おへその下あたりで、右手を左手で挟み込む感じで
    • 男性・・・ズボンのサイドの縫い目に添わせるように
  • 両足はかかとをつけて、つま先はこぶし一つ分位開ける

 

お辞儀

お辞儀は敬意を表す動作。きれいな姿勢だけでなく、こころをこめて行いましょう。

  1. 会釈(15度)…人とすれ違う時や軽く挨拶するとき
  2. 敬礼(30度)…お客様を迎えるとき
  3. 最敬礼(45度)…感謝や謝罪、大切なお客様に挨拶するとき

お辞儀 

  • 頭から背中をまっすぐ伸ばす
  • 目線は相手の目を見る⇒お辞儀⇒相手の目を見る
  • 4拍で行う

1拍目 頭を下げる

2拍目 止める

3・4拍目 2拍かけてゆっくり戻す

 

※語前後礼が基本!笑顔も忘れずに。

「おはようございます」「いらっしゃいませ」など第一声は相手の目を見てはっきりと明るい声で。 葉のあとにお辞儀が基本です。言葉を発しながらの「ながら」動作は、機械的にやっているように見え、印象が悪くなるので、気を付けましょう。 表情は柔らかく、口角を少しあげるような気持ちで。歯が見えない程度の笑顔を心がけましょう。

 

歩き方

正しい歩き方を身に付けると周囲の人たちに良い印象を与えるだけでなく、体のバランスが良くなり疲れにくくなります。

  • 背筋を伸ばして肩を揺らさない
  • あごを引いて膝を伸ばす
  • 足を引きずったり、大きな足音を立てない
  • 目線は足元ばかり見ないで、しっかりと前を見る
  • 歩くリズムはテンポよく

座り方

椅子に座るとついつい姿勢が崩れやすくなります。 姿勢が悪いとやる気がないように見えるだけでなく、疲れの原因となり、肩こりや頭痛などの影響を与えます。

  • 背筋をまっすぐ伸ばす
  • 背もたれには寄りかからない
  • 足は揃え、手の位置に気を付ける
    • 男性・・・ひざは握りこぶしが2つ入る程度開き、手はももの上に置く
    • 女性・・・ひざは揃え、手を重ねてももの上に置く

物の授受

物の受け渡しは受け取る側の気持ちになって。急いでいるときでも乱雑にならないように気を付けましょう。

  • 相手の目⇒物⇒相手の目 と視線を合わせる
  • 胸の高さで渡す
  • 両手で渡す
  • 物を相手の方向に向けて渡す

指し示し

指でさすのはもってのほか。どこをさしているのか相手にわかるように目線も動かすとより伝わります。

  • 手のひらをお客様に向ける
  • 指はそろえる
  • 右側を指すときは右手で、左側を指すときは左手で行う

アイコンタクト

「目は口ほどに物を言う」といわれますが、 お辞儀のとき、物の受け渡しや指示し、どんなときでも動作の合間にアイコンタクトが大切です。

  • 表情にも気をつける
  • 額から鎖骨の間に視線を向ける
  • 話の節目ごとにお客様に視線を合わせる

距離感

お客様と違和感なくコミュニケーションが取れる位置は(75cm~120cm)です。 これをパーソナルスペースと呼びます。

  • 斜め45度⇒安心感を感じる位置
  • 正面⇒威圧的、高圧的位置
  • 真横⇒友情や愛情を感じる位置

鏡を見て確認するなど、毎日の積み重ねを意識して取り組んでみましょう!

「来客応対の心得」に戻る