Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/sdsw/www/bizmanner/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
今すぐ使えるビジネスマナー

実践してみよう!Q&A オフィス編


*オフィス編*
初級 NGな言葉使い、あいまい言葉

 

  1. Q、会社の上司からどちらにしょうか相談されました。その返答で正しいものはどれでしょうか?
    1、「Aとか良いんじゃないですか?」
    2、「私はAが良いと思います。」
    3、「私的にはAが良いかなぁ~と思います。」

♦答えは「2番」

♪ポイント
×「やっぱ」「というか」「とか」
×「えっとぉ~」「それでぇ~」「だからぁ~」のように語尾を伸ばす話し方は歯切れの悪い言い方に聞こえます。クッション言葉に置き換えましょう。


中級 受付にお客様がいらしたことを想定して、正しい敬語を学びましょう♪

 

Q、受付にお客様がいらっしゃいました。
A、「いらっしゃいませ。」

Q、お客様に名前を聞きます。
A、「失礼ですが、お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。」

Q、お客様に用件を聞きます。
A、「(恐れ入りますが)どのようなご用件でしょうか。」

Q、担当の方が外出しており、会社に戻る時間は夕方4時です。
A、「(申し訳ありませんが)只今〇〇は外出しております。戻りは4時を予定しております。」

Q、部長宛にお客様がいらしたのですが部長は外出していました。佐藤部長の代わりに要件を聞くとお客様に伝えます。
A、「只今、佐藤は席を外しておりまして、私が佐藤の代わりにご用件承ります。」

Q、上司に来客がいらっしゃいました。上司に来客が受付にいらしたことを知らせます。
A、「〇〇部長、お客様が受付にお見えになっています。」

Q、お客様との会話中、一部聞き取れなかった言葉がありました。もう一度言って欲しいと頼みます。
A、「大変申し訳ありません。もう一度おっしゃって下さいますか。」

♪ポイント
相手に尋ねる時は、「失礼ですが」「恐れ入りますが」「お差支えなければ」「~していただけますか?」等のクッション言葉を使うと更に丁寧な言葉になります。

また、断る時も「申し訳ございませんが」「残念ですが」「~いたしかねます」等のクッション言葉を気持ちを込めて使いましょう。


 

上級 二重敬語・尊敬語と謙譲語の混同

 

Q、社長が帰ったことを社内の方へ伝えます。
A、「社長はお帰りになりました。」

Q、社長から伝言があり、社内の方へ伝言を伝えます。
×例、「先ほど社長が~と言ってました。」
上の文章を、正しい敬語に直して下さい。
A、「先ほど、社長が~とおっしゃっていました。」

Q、お客様に名前を伺います。
×例、「お名前を頂戴してもよろしいですか?」
上の文章を、正しい敬語に直して下さい。
A、「お名前をお聞かせいただけますでしょうか。」

♪ポイント
「社長」「部長」「課長」「係長」はすでに役職の名前であり、敬語になっています。役職名の後に「様」はつきません。  「弊社」「当社」「わが社」の使い方。「弊社」は自社のことをへりくだった言い方です。「当社」は自分の会社という意味です。「わが社」自社のことにプライドを持った言い方です。社内に向けて使います。


いかかでしたでしょうか?
わからなかった所は再度確認して、適切な言葉使いを学びましょう♪